Zend Framework の紹介

 Learning Zend Framework

appendix

 Zend Framework リファレンス


  • 第36章 Zend_Gdata
  • 第37章 Zend_Http
  • 第38章 Zend_InfoCard
  • 第39章 Zend_Json
  • 第40章 Zend_Layout
  • 第41章 Zend_Ldap
  • 第42章 Zend_Loader
  • 第43章 Zend_Locale
  • 第44章 Zend_Log
  • 第45章 Zend_Mail
  • 第46章 Zend_Markup
  • 第47章 Zend_Measure
  • 第48章 Zend_Memory
  • 第49章 Zend_Mime
  • 第50章 Zend_Navigation
  • 第51章 Zend_Oauth
  • 第52章 Zend_OpenId
  • 第53章 Zend_Paginator
  • 第54章 Zend_Pdf
  • 第55章 Zend_ProgressBar
  • 第56章 Zend_Queue
  • 第57章 Zend_Reflection
  • 第58章 Zend_Registry
  • 第59章 Zend_Rest

  • 第60章 Zend_Search_Lucene
  • 第61章 Zend_Serializer
  • 第62章 Zend_Server
  • 第63章 Zend_Service
  • 第64章 Zend_Session
  • 第65章 Zend_Soap
  • 第66章 Zend_Tag
  • 第67章 Zend_Test
  • 第68章 Zend_Text
  • 第69章 Zend_TimeSync
  • 第70章 Zend_Tool
  • 第71章 Zend_Tool_Framework
  • 第72章 Zend_Tool_Project
  • 第73章 Zend_Translate
  • 第74章 Zend_Uri
  • 第75章 Zend_Validate
  • 第76章 Zend_Version
  • 第77章 Zend_View
  • 第78章 Zend_Wildfire
  • 第79章 Zend_XmlRpc
  • ZendX_Console_Process_Unix
  • ZendX_JQuery
  • Translation 70.6% Update 2010-11-28 - Revision 23415

    第77章 Zend_View

    目次

    77.1. 導入
    77.1.1. コントローラスクリプト
    77.1.2. ビュースクリプト
    77.1.3. オプション
    77.1.4. ビュースクリプトでの短いタグ
    77.1.5. ユーティリティメソッド
    77.2. コントローラスクリプト
    77.2.1. 変数の代入
    77.2.2. ビュースクリプトのレンダリング
    77.2.3. ビュースクリプトのパス
    77.3. ビュースクリプト
    77.3.1. 出力のエスケープ
    77.3.2. 別のテンプレートシステムの使用
    77.3.2.1. ビュースクリプトを使用したテンプレートシステム
    77.3.2.2. Zend_View_Interface を使用したテンプレート
    77.4. ビューヘルパー
    77.4.1. 付属のヘルパー
    77.4.1.1. Action ビューヘルパー
    77.4.1.2. BaseUrl ヘルパー
    77.4.1.3. Currency Helper
    77.4.1.4. Cycle ヘルパー
    77.4.1.5. Partial ヘルパー
    77.4.1.6. Placeholder ヘルパー
    77.4.1.6.1. プレースホルダの具象実装
    77.4.1.7. Doctype ヘルパー
    77.4.1.8. Gravatar View Helper
    77.4.1.8.1. Options
    77.4.1.9. HeadLink ヘルパー
    77.4.1.10. HeadMeta ヘルパー
    77.4.1.11. HeadScript ヘルパー
    77.4.1.12. HeadStyle ヘルパー
    77.4.1.13. HeadTitle ヘルパー
    77.4.1.14. HTML オブジェクトヘルパー
    77.4.1.15. InlineScript ヘルパー
    77.4.1.16. JSON ヘルパー
    77.4.1.17. Navigation Helpers
    77.4.1.17.1. Translation of labels and titles
    77.4.1.17.2. Integration with ACL
    77.4.1.17.3. Navigation setup used in examples
    77.4.1.17.4. Breadcrumbs Helper
    77.4.1.17.5. Links Helper
    77.4.1.17.6. Menu Helper
    77.4.1.17.7. Sitemap Helper
    77.4.1.17.8. Navigation Helper
    77.4.1.18. TinySrc Helper
    77.4.1.18.1. Overview
    77.4.1.18.2. Quick Start
    77.4.1.18.3. Configuration Options
    77.4.1.18.4. Available Methods
    77.4.1.18.5. Examples
    77.4.1.19. 翻訳ヘルパー
    77.4.1.20. UserAgent View Helper
    77.4.1.20.1. Overview
    77.4.1.20.2. Quick Start
    77.4.1.20.3. Available Methods
    77.4.2. ヘルパーのパス
    77.4.3. 独自のヘルパーを書く
    77.4.4. Registering Concrete Helpers
    77.5. Zend_View_Abstract

    77.1. 導入

    Zend_View は、モデル - ビュー - コントローラ パターンにおける 「ビュー」として働くクラスです。 ビューのスクリプトを、モデルおよびコントローラから分離するために存在します。 このクラスでは、 ヘルパーシステム、出力のフィルタリングおよび変数のエスケープ機能を提供します。

    Zend_View は、テンプレートシステムに対しては特にこだわりはありません。 テンプレート言語として PHP を使用するか、 あるいは他のテンプレートエンジンのインスタンスを作成して、 それをビュースクリプトの中で操作できます。

    基本的に、Zend_View を使用する際には 2 つの段階をとることになります。 1. コントローラスクリプトが Zend_View のインスタンスを作成し、 そのインスタンスに変数を代入します。 2. コントローラが Zend_View に対して適切なビューをレンダリングするように指示し、 それによってコントローラがビュースクリプトを制御します。 そこでビューの出力が作成されます。

    77.1.1. コントローラスクリプト

    単純な例として、本の一覧を扱うコントローラがあることにしましょう。 そのデータをビューに表示することを考えます。 コントローラスクリプトは、おそらくこのようになるでしょう。

    // 本の著者およびタイトルを取得するためにモデルを使用します
    $data = array(
        array(
            
    'author' => 'Hernando de Soto',
            
    'title' => 'The Mystery of Capitalism'
        
    ),
        array(
            
    'author' => 'Henry Hazlitt',
            
    'title' => 'Economics in One Lesson'
        
    ),
        array(
            
    'author' => 'Milton Friedman',
            
    'title' => 'Free to Choose'
        
    )
    );

    // 本のデータを Zend_View インスタンスに代入します
    Zend_Loader::loadClass('Zend_View');
    $view = new Zend_View();
    $view->books $data;

    // "booklist.php" というビュースクリプトをレンダリングします
    echo $view->render('booklist.php');

    77.1.2. ビュースクリプト

    次に必要なのは、関連付けるビュースクリプト "booklist.php" です。 これは一般的な PHP スクリプトと同じですが、ひとつだけ違いがあります。 Zend_View インスタンスのスコープで実行されるということです。 つまり $this への参照は、Zend_View のインスタンスのプロパティやメソッドを指すことになるのです (コントローラによってインスタンスに代入された変数は、 Zend_View インスタンスの public プロパティとなります)。 したがって、基本的なビュースクリプトはこのようになります。

     if ($this->books): ?>

        <!-- 本の一覧 -->
        <table>
            <tr>
                <th>著者</th>
                <th>タイトル</th>
            </tr>

            <?php foreach ($this->books as $key => $val): ?>
            <tr>
                <td><?php echo $this->escape($val['author']) ?></td>
                <td><?php echo $this->escape($val['title']) ?></td>
            </tr>
            <?php endforeach; ?>

        </table>

    <?php else: ?>

        <p>表示する本がありません。</p>

    <?php endif;?>

    変数の出力時に、"escape()" メソッドでエスケープ処理をしていることに注意しましょう。

    77.1.3. オプション

    Zend_View のオプションを設定すると、 ビュースクリプトの振る舞いを変更できます。

    • basePath は スクリプトやヘルパー、そしてフィルタを配置する基底パスを指定します。 次のようなディレクトリ構成を想定しています。

      base/path/
          
      helpers/
          
      filters/
          
      scripts/

      これを設定するには setBasePath()addBasePath()、あるいはコンストラクタのオプション basePath を使用します。

    • encodinghtmlentities()htmlspecialchars() などで使用する文字エンコーディングを表します。 デフォルトは UTF-8 です。 setEncoding() か、コンストラクタのオプション encoding で設定します。

    • escapeescape() で使用するコールバックを表します。setEscape() か、コンストラクタのオプション escape で設定します。

    • filter は、ビュースクリプトをレンダリングした後で使用するフィルタを表します。 setFilter()addFilter()、 あるいはコンストラクタのオプション filter で設定します。

    • strictVars: は、初期化していない変数に Zend_View からアクセスしようとした際に notice や warning を発生させるようにします。 strictVars(true) か、あるいはコンストラクタのオプション strictVars で設定します。

    77.1.4. ビュースクリプトでの短いタグ

    我々が用意する例では、PHP の長いタグ <?php を用います。 我々はまた、 制御構造に関する別の構文の使用に賛成します。 これらはビュースクリプトを書く際に便利なものです。 より簡潔に書くことができ、文を1行にまとめられ、 HTML 内で括弧を捜す必要を削減するからです。

    以前の版では、ビュー・スクリプトをわずかにより冗長にしないように、 我々はしばしば短いタグ (<? 及び <?=)を使うことを推奨しました。 しかしながら、 php.inishort_open_tag 設定のデフォルト値は製品において、または共有ホストでは一般的にオフです。 その結果、それらの使用は全く移植可能ではありません。 もしビュースクリプト内で XML のテンプレート、 短い形式の開始タグは検証エラーの元となります。 結局、 short_open_tag がオフの時に短いタグを使うと、 ビュー・スクリプトはエラーを起こすか、または単純にビューアーに PHP コードを返します。

    もしもこれらの警告にもかかわらず、「短いタグを使いたいけれど設定でそれが無効になっている」 場合は、次のいずれかの方法を使用します。

    • 短いタグを、.htaccess ファイルで有効にします。

      php_value "short_open_tag" "on"

      これは、.htaccess ファイルの作成と使用を許可されている場合にのみ可能です。 この項目は、httpd.conf ファイルに記述することもできます。

    • オプションのストリームラッパーを有効にして、 短いタグを逐次長いタグに変換します。

      $view->setUseStreamWrapper(true);

      これは、Zend_View_Stream をビュースクリプトのストリームラッパーとして登録します。 そして、まるで短いタグが有効になっているかのようにコードを動作させることができます。

    [警告] ビューストリームラッパーによるパフォーマンスの低下

    ストリームラッパーを使用すると、アプリケーションのパフォーマンスは おそらく 低下するでしょう。 しかし、実際のところどれくらい低下するのかについては はっきりと数値化することはできません。 短いタグを有効にしてしまうか、 スクリプトを書き換えてすべて完全なタグにしてしまう、 あるいはコンテンツのキャッシュをうまく行うなどの対策を推奨します。

    77.1.5. ユーティリティメソッド

    通常は、assign()render()、 あるいはフィルタ、ヘルパー、スクリプトのパス用の設定メソッドだけで十分事足りるでしょう。 しかし、Zend_View を独自に拡張したい場合や その内部にアクセスしたい場合のために、さらにいくつかのメソッドを用意しています。

    • getVars() は、設定されているすべての変数を返します。

    • clearVars() は、すべての変数の値を消去します。 ビュースクリプトを再利用する際に、 これまで使用していた変数を残しておきたいときなどに便利です。

    • getScriptPath($script) は、指定したビュースクリプトのパスを取得します。

    • getScriptPaths() は、登録されているすべてのスクリプトパスを取得します。 script paths.

    • getHelperPath($helper) は、指定したヘルパークラスのパスを取得します。

    • getHelperPaths() は、登録されているすべてのヘルパーパスを取得します。

    • getFilterPath($filter) は、指定したフィルタクラスのパスを取得します。

    • getFilterPaths() は、登録されているすべてのフィルタパスを取得します。

    digg delicious meneame google twitter technorati facebook

    Comments

    Loading...