Zend Framework の紹介

 Learning Zend Framework

appendix

 Zend Framework リファレンス


  • 第36章 Zend_Gdata
  • 第37章 Zend_Http
  • 第38章 Zend_InfoCard
  • 第39章 Zend_Json
  • 第40章 Zend_Layout
  • 第41章 Zend_Ldap
  • 第42章 Zend_Loader
  • 第43章 Zend_Locale
  • 第44章 Zend_Log
  • 第45章 Zend_Mail
  • 第46章 Zend_Markup
  • 第47章 Zend_Measure
  • 第48章 Zend_Memory
  • 第49章 Zend_Mime
  • 第50章 Zend_Navigation
  • 第51章 Zend_Oauth
  • 第52章 Zend_OpenId
  • 第53章 Zend_Paginator
  • 第54章 Zend_Pdf
  • 第55章 Zend_ProgressBar
  • 第56章 Zend_Queue
  • 第57章 Zend_Reflection
  • 第58章 Zend_Registry
  • 第59章 Zend_Rest

  • 第60章 Zend_Search_Lucene
  • 第61章 Zend_Serializer
  • 第62章 Zend_Server
  • 第63章 Zend_Service
  • 第64章 Zend_Session
  • 第65章 Zend_Soap
  • 第66章 Zend_Tag
  • 第67章 Zend_Test
  • 第68章 Zend_Text
  • 第69章 Zend_TimeSync
  • 第70章 Zend_Tool
  • 第71章 Zend_Tool_Framework
  • 第72章 Zend_Tool_Project
  • 第73章 Zend_Translate
  • 第74章 Zend_Uri
  • 第75章 Zend_Validate
  • 第76章 Zend_Version
  • 第77章 Zend_View
  • 第78章 Zend_Wildfire
  • 第79章 Zend_XmlRpc
  • ZendX_Console_Process_Unix
  • ZendX_JQuery
  • Translation 70.6% Update 2010-11-28 - Revision 23415

    第71章 Zend_Tool_Framework

    71.1. 導入

    Zend_Tool_Frameworkは、 プロジェクトの足場の作成やコードの生成、検索インデックス生成その他のような 共通機能を公開するためのフレームワークです。 信じられないほどの柔軟性のある実装を提供するように、 PHP include_pathに置かれたPHPクラスによって機能が書かれたり、 公開されるかもしれません。 それから、コンソールクライアントやXML-RPCSOAPその他のような特定のクライアントの実装もしくは プロトコルを書くことにより機能が消費されるかもしれません。

    Zend_Tool_Frameworkは下記を提供します:

    • ツーリングクライアントでディスパッチ可能な機能と拡張性を開発者が生成できる 共通の interface 及び abstractです。

    • 外部ツールとインターフェースをZend_Tool_Frameworkに接続するための 基本的なクライアント機能及び具体的なコンソールの実装です。 コンソールクライアントはCLI環境(例えばunixシェルやWindowsコンソール) で使われるかもしれません。

    • ツーリングシステムによって利用できる 「プロバイダー」及び「マニフェスト」インターフェースです。 「プロバイダー」はフレームワークの機能的な面を意味します。 そして、ツーリングクライアントが呼び出すかもしれないアクションを定義します。 「マニフェスト」は、定義された様々なプロバイダーのために追加コンテキストを提示する メタデータのレジストリとして働きます。

    • プロバイダーで環境をスキャンし、それらをディスパッチするために何が必要か決定する 内部参照ロードシステムです。

    • 役に立つフィードバックを提示するだけでなく、 システムの最大限の能力が何かをシステムが報告できるようにする システムプロバイダーの標準的なセットです。 これも、包括的な「ヘルプシステム」を含みます。

    Zend_Tool_Frameworkに関してこのマニュアルを通して あなたが気づくであろう定義は含みます:

    • Zend_Tool_Framework - ツーリング機能を公開するフレームワーク。

    • ツーリングクライアント - Zend_Tool_Frameworkに接続したり消費したりする開発ツール。

    • クライアント - ツーリングクライアントが接続したり、 問い合わせたり、コマンドを実行できるようなインターフェースを公開する Zend_Tool_Framework

    • コンソールクライアント/コマンドラインインターフェース/ zf.php - コマンドラインのためのツーリングクライアント。

    • プロバイダー - フレームワークがエクスポートするビルトイン機能のサブシステムと集まりです。

    • マニフェスト - プロバイダー要求データを定義して、 構成して、行き渡らせるためのサブシステム。

    • Zend_Tool_Projectプロバイダー - Zend Frameworkベースのプロジェクトを生成して、 維持するための特別なプロバイダーのセットです。

    digg delicious meneame google twitter technorati facebook

    Comments

    Loading...