Zend Framework の紹介

 Learning Zend Framework

appendix

 Zend Framework リファレンス


  • 第36章 Zend_Gdata
  • 第37章 Zend_Http
  • 第38章 Zend_InfoCard
  • 第39章 Zend_Json
  • 第40章 Zend_Layout
  • 第41章 Zend_Ldap
  • 第42章 Zend_Loader
  • 第43章 Zend_Locale
  • 第44章 Zend_Log
  • 第45章 Zend_Mail
  • 第46章 Zend_Markup
  • 第47章 Zend_Measure
  • 第48章 Zend_Memory
  • 第49章 Zend_Mime
  • 第50章 Zend_Navigation
  • 第51章 Zend_Oauth
  • 第52章 Zend_OpenId
  • 第53章 Zend_Paginator
  • 第54章 Zend_Pdf
  • 第55章 Zend_ProgressBar
  • 第56章 Zend_Queue
  • 第57章 Zend_Reflection
  • 第58章 Zend_Registry
  • 第59章 Zend_Rest

  • 第60章 Zend_Search_Lucene
  • 第61章 Zend_Serializer
  • 第62章 Zend_Server
  • 第63章 Zend_Service
  • 第64章 Zend_Session
  • 第65章 Zend_Soap
  • 第66章 Zend_Tag
  • 第67章 Zend_Test
  • 第68章 Zend_Text
  • 第69章 Zend_TimeSync
  • 第70章 Zend_Tool
  • 第71章 Zend_Tool_Framework
  • 第72章 Zend_Tool_Project
  • 第73章 Zend_Translate
  • 第74章 Zend_Uri
  • 第75章 Zend_Validate
  • 第76章 Zend_Version
  • 第77章 Zend_View
  • 第78章 Zend_Wildfire
  • 第79章 Zend_XmlRpc
  • ZendX_Console_Process_Unix
  • ZendX_JQuery
  • Translation 70.6% Update 2010-11-28 - Revision 23415

    第68章 Zend_Text

    68.1. Zend_Text_Figlet

    Zend_Text_Figlet は、いわゆる FIGlet テキストを作成するためのコンポーネントです。 FIGlet テキストとは、ASCII アートで表した文字列のことです。 FIGlet では、FLT (FigLet Font) と呼ばれる特殊なフォント形式を使用します。 デフォルトで Zend_Text_Figlet に同梱されているフォントは標準フォント 1 つだけですが、 http://www.figlet.org からその他のフォントをダウンロードできます。

    [注意] 圧縮されたフォント

    Zend_Text_Figlet は gzip で圧縮されたフォントに対応しています。 つまり、.flf ファイルを gzip した状態で使えるということです。 Zend_Text_Figlet でこれを使用するには、gzip したフォントの拡張子が .gz でなければなりません。 さらに、gzip されたフォントを使用するには PHP の GZIP 拡張モジュールを有効にする必要があります。

    [注意] エンコーディング

    Zend_Text_Figlet は、デフォルトでは文字列が UTF-8 でエンコードされていることを想定しています。それ以外の場合は、 render() メソッドの 2 番目のパラメータで文字エンコーディングを指定します。

    FIGlet 用のさまざまなオプションを指定できます。 Zend_Text_Figlet のインスタンスを作成する際に、 配列あるいは Zend_Config のインスタンスで指定します。

    • font - レンダリングに使用するフォント。 未定義の場合は組み込みのフォントを使用します。

    • outputWidth - 出力文字列の最大幅。 折り返しや幅揃えに使用します。 あまりに小さい値を指定してしまうと、 予期せぬ結果となってしまうので注意しましょう。 デフォルトは 80 です。

    • handleParagraphs - 改行の処理方法を示す boolean 値。 TRUE を指定すると、単一の改行文字を無視してひとつの空白文字として扱います。 ほんとうに改行させたい場合は、改行文字を 2 つ続けます。 デフォルトは FALSE です。

    • justification - Zend_Text_Figlet::JUSTIFICATION_* のいずれかの値。JUSTIFICATION_LEFTJUSTIFICATION_CENTER そして JUSTIFICATION_RIGHT があります。 デフォルトの桁揃えは rightToLeft の値によって決まります。

    • rightToLeft - テキストを記述する方向。 Zend_Text_Figlet::DIRECTION_LEFT_TO_RIGHT あるいは Zend_Text_Figlet::DIRECTION_RIGHT_TO_LEFT となります。デフォルトでは、フォントファイルの設定を使用します。 justification が定義されていない場合は、 右から左にテキストを書くときには自動的に右揃えとなります。

    • smushMode - 整数値。 各文字の並べ方を定義します。 Zend_Text_Figlet::SM_* の複数の値の和を指定できます。 SM_EQUAL, SM_LOWLINE, SM_HIERARCHY, SM_PAIR, SM_BIGX, SM_HARDBLANK, SM_KERN そして SM_SMUSH といったモードがあります。値 0 は、 「すべてを無効にする」ではなく「SM_KERN を適用する」 という意味になります。無効にするには -1 を指定します。 それぞれのモードがどんなものなのかについての説明が ここ にあります。 デフォルトでは、フォントファイルの設定を使用します。 通常、このオプションを使用するのは、 フォントデザイナが新しいフォントを作成する際に レイアウトを確かめるといった場合のみです。

    例 68.1. Zend_Text_Figlet の使用法

    この例は、Zend_Text_Figlet の基本的な使用法を説明するためにシンプルな FIGlet テキストを作成するものです。

    require_once 'Zend/Text/Figlet.php';
    $figlet = new Zend_Text_Figlet();
    echo 
    $figlet->render('Zend');

    等幅フォントを使用すると、この結果は次のようになります。

      ______    ______    _  __   ______
     
    |__  //   |  ___||  | \| || |  __ \\
       
    //    | ||__    |  ' || | |  \ ||
      
    //__   | ||___   | .  || | |__/ ||
     
    /_____||  |_____||  |_|\_|| |_____//
     
    `-----`'  `-----`   `-` -`'  -----`

    digg delicious meneame google twitter technorati facebook

    Comments

    Loading...