Zend Framework の紹介

 Learning Zend Framework

appendix

 Zend Framework リファレンス


  • 第36章 Zend_Gdata
  • 第37章 Zend_Http
  • 第38章 Zend_InfoCard
  • 第39章 Zend_Json
  • 第40章 Zend_Layout
  • 第41章 Zend_Ldap
  • 第42章 Zend_Loader
  • 第43章 Zend_Locale
  • 第44章 Zend_Log
  • 第45章 Zend_Mail
  • 第46章 Zend_Markup
  • 第47章 Zend_Measure
  • 第48章 Zend_Memory
  • 第49章 Zend_Mime
  • 第50章 Zend_Navigation
  • 第51章 Zend_Oauth
  • 第52章 Zend_OpenId
  • 第53章 Zend_Paginator
  • 第54章 Zend_Pdf
  • 第55章 Zend_ProgressBar
  • 第56章 Zend_Queue
  • 第57章 Zend_Reflection
  • 第58章 Zend_Registry
  • 第59章 Zend_Rest

  • 第60章 Zend_Search_Lucene
  • 第61章 Zend_Serializer
  • 第62章 Zend_Server
  • 第63章 Zend_Service
  • 第64章 Zend_Session
  • 第65章 Zend_Soap
  • 第66章 Zend_Tag
  • 第67章 Zend_Test
  • 第68章 Zend_Text
  • 第69章 Zend_TimeSync
  • 第70章 Zend_Tool
  • 第71章 Zend_Tool_Framework
  • 第72章 Zend_Tool_Project
  • 第73章 Zend_Translate
  • 第74章 Zend_Uri
  • 第75章 Zend_Validate
  • 第76章 Zend_Version
  • 第77章 Zend_View
  • 第78章 Zend_Wildfire
  • 第79章 Zend_XmlRpc
  • ZendX_Console_Process_Unix
  • ZendX_JQuery
  • Translation 70.6% Update 2010-11-28 - Revision 23415

    第66章 Zend_Tag

    66.1. 導入

    Zend_Tagは、タグ付けできる項目で動作するための機能を与える コンポーネント・スイートです。 その基盤として、タグで動作するクラスを2つ、 Zend_Tag_Item及びZend_Tag_ItemListを 提供します。 さらに、それにインタフェースZend_Tag_Taggableがついてきます。 そして、それはZend_Tagと連携した、 タグ付けできる項目としてどのモデルでも利用できます。

    Zend_Tag_Itemは、 Zend_Tagスイートで動作する必要のある重要な機能に付属する、 基本的なタグ付けできる項目の実装です。 タグ付けできる項目は、常にタイトルと相対荷重(例えば反復回数)から成ります。 それも、Zend_Tagの異なるサブコンポーネントによって使われる パラメータを格納します。

    複数の項目をまとめるために、 Zend_Tag_ItemListは配列イテレータとして存在して、 その中で各項目の与えられた相対荷重に基づく絶対重み付け値を計算するために、 更なる機能を与えます。

    例 66.1. Zend_Tagの利用

    この例は、タグの一覧を作成して、 絶対の重み付け値をそれらに行き渡らせる方法を例示します。

    //項目一覧を作成
    $list = new Zend_Tag_ItemList();

    //タグをそれに割り当て
    $list[] = new Zend_Tag_Item(array('title' => 'Code''weight' => 50));
    $list[] = new Zend_Tag_Item(array('title' => 'Zend Framework''weight' => 1));
    $list[] = new Zend_Tag_Item(array('title' => 'PHP''weight' => 5));

    //絶対値をそれらに行き渡らせる
    $list->spreadWeightValues(array(12345678910));

    //それらの絶対値とともに項目を出力
    foreach ($list as $item) {
        
    printf("%s: %d\n"$item->getTitle(), $item->getParam('weightValue'));
    }

    これはCodeとZend Framework及びPHPを 絶対値の10、1及び2で出力します。


    digg delicious meneame google twitter technorati facebook

    Comments

    Loading...