Zend Framework の紹介

 Learning Zend Framework

appendix

 Zend Framework リファレンス


  • 第36章 Zend_Gdata
  • 第37章 Zend_Http
  • 第38章 Zend_InfoCard
  • 第39章 Zend_Json
  • 第40章 Zend_Layout
  • 第41章 Zend_Ldap
  • 第42章 Zend_Loader
  • 第43章 Zend_Locale
  • 第44章 Zend_Log
  • 第45章 Zend_Mail
  • 第46章 Zend_Markup
  • 第47章 Zend_Measure
  • 第48章 Zend_Memory
  • 第49章 Zend_Mime
  • 第50章 Zend_Navigation
  • 第51章 Zend_Oauth
  • 第52章 Zend_OpenId
  • 第53章 Zend_Paginator
  • 第54章 Zend_Pdf
  • 第55章 Zend_ProgressBar
  • 第56章 Zend_Queue
  • 第57章 Zend_Reflection
  • 第58章 Zend_Registry
  • 第59章 Zend_Rest

  • 第60章 Zend_Search_Lucene
  • 第61章 Zend_Serializer
  • 第62章 Zend_Server
  • 第63章 Zend_Service
  • 第64章 Zend_Session
  • 第65章 Zend_Soap
  • 第66章 Zend_Tag
  • 第67章 Zend_Test
  • 第68章 Zend_Text
  • 第69章 Zend_TimeSync
  • 第70章 Zend_Tool
  • 第71章 Zend_Tool_Framework
  • 第72章 Zend_Tool_Project
  • 第73章 Zend_Translate
  • 第74章 Zend_Uri
  • 第75章 Zend_Validate
  • 第76章 Zend_Version
  • 第77章 Zend_View
  • 第78章 Zend_Wildfire
  • 第79章 Zend_XmlRpc
  • ZendX_Console_Process_Unix
  • ZendX_JQuery
  • Translation 70.6% Update 2010-11-28 - Revision 23415

    第61章 Zend_Serializer

    61.1. 導入

    Zend_Serializer はさまざまな機関による保存可能な PHP 型表現の簡潔な生成と回復のインターフェイスに基づく アダプターを提供します。

    例 61.1. Zend_Serializer の動的なインターフェイスの使用

    シリアライザーをインスタンス化するにはアダプター名に基づいたファクトリーメソッド を使用しなければなりません:

    $serializer Zend_Serializer::factory('PhpSerialize');
    // この時 $serializer は Zend_Serializer_Adapter_AdapterInterface のインスタンスです,
    // すなわち Zend_Serializer_Adapter_PhpSerialize です

    try {
        
    $serialized $serializer->serialize($data);
        
    // この時 $serialized は文字列です

        
    $unserialized $serializer->unserialize($serialized);
        
    // now $data == $unserialized
    } catch (Zend_Serializer_Exception $e) {
        echo 
    $e;
    }

    serialize() メソッドは 保存できる文字列を生成します。 再生成するにはシリアライズされたデータ unserialize()メソッドを簡単にコールできます。

    シリアル化またはアンシリアライズにてエラーに遭遇した際は常に Zend_SerializerZend_Serializer_Exception をスローします。

    特定されたシリアライザーアダプターの設定をするために、配列か Zend_Configfactoryserialize()unserialize() メソッドに任意に追加できます:

    $serializer Zend_Serializer::factory('Wddx', array(
        
    'comment' => 'serialized by Zend_Serializer',
    ));

    try {
        
    $serialized $serializer->serialize(
            
    $data,
            array(
    'comment' => 'change comment')
        );

        
    $unserialized $serializer->unserialize(
            
    $serialized,
            array(
    /* options for unserialize */)
        );
    } catch (
    Zend_Serializer_Exception $e) {
        echo 
    $e;
    }

    factory()に与えらえたオプションはインスタンス化されたオブジェクトにとって妥当なものです。 setOption(s)メソッドを用いてこれらのオプションを 変更できます。単発の呼び出しだけをするために一つか それ以上の変更をするには、serialize() または unserialize() を第二引数として渡します。

    例 61.2. Zend_Serializer の静的なインターフェイスの使用

    Zend_Serializerとともに使用するのに特別なシリアライザーを標準のシリアル化 アダプターとして登録できます。デフォルトでは PhpSerialize アダプターが 登録されているでしょうが、静的メソッド setDefaultAdapter() を使用してこのオプションを変更できます。

    Zend_Serializer::setDefaultAdapter('PhpSerialize'$options);
    // or
    $serializer Zend_Serializer::factory('PhpSerialize'$options);
    Zend_Serializer::setDefaultAdapter($serializer);

    try {
        
    $serialized   Zend_Serializer::serialize($data$options);
        
    $unserialized Zend_Serializer::unserialize($serialized$options);
    } catch (
    Zend_Serializer_Exception $e) {
        echo 
    $e;
    }

    digg delicious meneame google twitter technorati facebook

    Comments

    Loading...