Zend Framework の紹介

 Learning Zend Framework

appendix

 Zend Framework リファレンス


  • 第36章 Zend_Gdata
  • 第37章 Zend_Http
  • 第38章 Zend_InfoCard
  • 第39章 Zend_Json
  • 第40章 Zend_Layout
  • 第41章 Zend_Ldap
  • 第42章 Zend_Loader
  • 第43章 Zend_Locale
  • 第44章 Zend_Log
  • 第45章 Zend_Mail
  • 第46章 Zend_Markup
  • 第47章 Zend_Measure
  • 第48章 Zend_Memory
  • 第49章 Zend_Mime
  • 第50章 Zend_Navigation
  • 第51章 Zend_Oauth
  • 第52章 Zend_OpenId
  • 第53章 Zend_Paginator
  • 第54章 Zend_Pdf
  • 第55章 Zend_ProgressBar
  • 第56章 Zend_Queue
  • 第57章 Zend_Reflection
  • 第58章 Zend_Registry
  • 第59章 Zend_Rest

  • 第60章 Zend_Search_Lucene
  • 第61章 Zend_Serializer
  • 第62章 Zend_Server
  • 第63章 Zend_Service
  • 第64章 Zend_Session
  • 第65章 Zend_Soap
  • 第66章 Zend_Tag
  • 第67章 Zend_Test
  • 第68章 Zend_Text
  • 第69章 Zend_TimeSync
  • 第70章 Zend_Tool
  • 第71章 Zend_Tool_Framework
  • 第72章 Zend_Tool_Project
  • 第73章 Zend_Translate
  • 第74章 Zend_Uri
  • 第75章 Zend_Validate
  • 第76章 Zend_Version
  • 第77章 Zend_View
  • 第78章 Zend_Wildfire
  • 第79章 Zend_XmlRpc
  • ZendX_Console_Process_Unix
  • ZendX_JQuery
  • Translation 70.6% Update 2010-11-28 - Revision 23415

    第59章 Zend_Rest

    59.1. 導入

    REST ウェブサービスは、そのサービス固有の XML フォーマットを使用します。 つまり、REST ウェブサービスにアクセスする方法は、そのサービスごとに異なるということです。 REST ウェブサービスは一般に、URL パラメータ (GET データ) やパス情報を用いてデータを要求し、POST データを用いてデータを送信します。

    Zend Framework では、クライアント機能とサーバ機能の両方をサポートしています。 両方組み合わせて使用すると、ローカル環境上で仮想的なオブジェクト間のやり取りを体験できます。 サーバコンポーネントは、関数やクラスを意味のある単純な XML 形式で自動的に公開します。このサービスに対してクライアントからアクセスすると、 リモートコールの返すデータを簡単に取得できます。 クライアント側で Zend_Rest_Server ベースのサービス以外と組み合わせて使用する際にも、 簡単にデータにアクセスできます。

    Zend_Rest_Server 及び Zend_Rest_Client コンポーネントに加えて、コントローラに REST リクエストをルーティングすることを助けるために Zend_Rest_Route 及び Zend_Rest_Controller クラスが、提供されます。

    digg delicious meneame google twitter technorati facebook

    Comments

    Loading...