Zend Framework の紹介

 Learning Zend Framework

appendix

 Zend Framework リファレンス


  • 第36章 Zend_Gdata
  • 第37章 Zend_Http
  • 第38章 Zend_InfoCard
  • 第39章 Zend_Json
  • 第40章 Zend_Layout
  • 第41章 Zend_Ldap
  • 第42章 Zend_Loader
  • 第43章 Zend_Locale
  • 第44章 Zend_Log
  • 第45章 Zend_Mail
  • 第46章 Zend_Markup
  • 第47章 Zend_Measure
  • 第48章 Zend_Memory
  • 第49章 Zend_Mime
  • 第50章 Zend_Navigation
  • 第51章 Zend_Oauth
  • 第52章 Zend_OpenId
  • 第53章 Zend_Paginator
  • 第54章 Zend_Pdf
  • 第55章 Zend_ProgressBar
  • 第56章 Zend_Queue
  • 第57章 Zend_Reflection
  • 第58章 Zend_Registry
  • 第59章 Zend_Rest

  • 第60章 Zend_Search_Lucene
  • 第61章 Zend_Serializer
  • 第62章 Zend_Server
  • 第63章 Zend_Service
  • 第64章 Zend_Session
  • 第65章 Zend_Soap
  • 第66章 Zend_Tag
  • 第67章 Zend_Test
  • 第68章 Zend_Text
  • 第69章 Zend_TimeSync
  • 第70章 Zend_Tool
  • 第71章 Zend_Tool_Framework
  • 第72章 Zend_Tool_Project
  • 第73章 Zend_Translate
  • 第74章 Zend_Uri
  • 第75章 Zend_Validate
  • 第76章 Zend_Version
  • 第77章 Zend_View
  • 第78章 Zend_Wildfire
  • 第79章 Zend_XmlRpc
  • ZendX_Console_Process_Unix
  • ZendX_JQuery
  • Translation 70.6% Update 2010-11-28 - Revision 23415

    第21章 Zend_Config

    21.1. 導入

    Zend_Config は、アプリケーションの設定データを 簡単に使用できるようにするために設計されたものです。 階層構造になったプロパティを使用して、設定データを簡単に アプリケーションに読み込めるようになっています。 設定データは、階層構造のデータ保存をサポートしている さまざまな媒体から読み込むことができます。 現時点で Zend_Config が提供している設定データアダプタは Zend_Config_IniZend_Config_Xml の二種類で、テキストファイルに格納された設定データを使用できるようになっています。.

    例 21.1. Zend_Config の使用例

    通常は、Zend_Config_Ini あるいは Zend_Config_Xml のようなアダプタクラスを使用することが想定されています。 しかし、もし設定データが PHP の配列として存在するのなら、 単にそれを Zend_Config のコンストラクタに渡すだけで、 シンプルなオブジェクト指向のインターフェイスを使用できます。

    // 設定データは配列で渡されます
    $configArray = array(
        
    'webhost'  => 'www.example.com',
        
    'database' => array(
            
    'adapter' => 'pdo_mysql',
            
    'params'  => array(
                
    'host'     => 'db.example.com',
                
    'username' => 'dbuser',
                
    'password' => 'secret',
                
    'dbname'   => 'mydatabase'
            
    )
        )
    );

    // 設定データに対するオブジェクト指向のラッパーを作成します
    $config = new Zend_Config($configArray);

    // 設定データを表示します (結果は 'www.example.com' となります)
    echo $config->webhost;

    // 設定データを使用してデータベースに接続します
    $db Zend_Db::factory($config->database->adapter,
                           
    $config->database->params->toArray());

    // もうひとつの方法: 単に Zend_Config オブジェクトを渡します
    // Zend_Db のファクトリは、その処理方法を知っています
    $db Zend_Db::factory($config->database);

    上の例で説明したように、Zend_Config を使用すると、 コンストラクタに渡されたデータについて、 階層化されたプロパティの形式でアクセスできるようになります。

    このようにオブジェクト思考形式でデータの値にアクセスするだけでなく、 Zend_Config では get() メソッドも用意しています。 これは、指定した要素が存在しない場合にデフォルト値を返すように設定できます。 たとえば次のように使用します。

    $host $config->database->get('host''localhost');

    例 21.2. Zend_Config における PHP 設定ファイルの使用法

    設定ファイルそのものを PHP で書きたいこともあるでしょう。 以下のようにすると、簡単にそれを行うことができます。

    // config.php
    return array(
        
    'webhost'  => 'www.example.com',
        
    'database' => array(
            
    'adapter' => 'pdo_mysql',
            
    'params'  => array(
                
    'host'     => 'db.example.com',
                
    'username' => 'dbuser',
                
    'password' => 'secret',
                
    'dbname'   => 'mydatabase'
            
    )
        )
    );
    // 設定を読み込みます
    $config = new Zend_Config(require 'config.php');

    // 設定データを出力します (この結果は 'www.example.com' です)
    echo $config->webhost;

    digg delicious meneame google twitter technorati facebook

    Comments

    Loading...