Zend Framework の紹介

 Learning Zend Framework

appendix

 Zend Framework リファレンス


  • 第36章 Zend_Gdata
  • 第37章 Zend_Http
  • 第38章 Zend_InfoCard
  • 第39章 Zend_Json
  • 第40章 Zend_Layout
  • 第41章 Zend_Ldap
  • 第42章 Zend_Loader
  • 第43章 Zend_Locale
  • 第44章 Zend_Log
  • 第45章 Zend_Mail
  • 第46章 Zend_Markup
  • 第47章 Zend_Measure
  • 第48章 Zend_Memory
  • 第49章 Zend_Mime
  • 第50章 Zend_Navigation
  • 第51章 Zend_Oauth
  • 第52章 Zend_OpenId
  • 第53章 Zend_Paginator
  • 第54章 Zend_Pdf
  • 第55章 Zend_ProgressBar
  • 第56章 Zend_Queue
  • 第57章 Zend_Reflection
  • 第58章 Zend_Registry
  • 第59章 Zend_Rest

  • 第60章 Zend_Search_Lucene
  • 第61章 Zend_Serializer
  • 第62章 Zend_Server
  • 第63章 Zend_Service
  • 第64章 Zend_Session
  • 第65章 Zend_Soap
  • 第66章 Zend_Tag
  • 第67章 Zend_Test
  • 第68章 Zend_Text
  • 第69章 Zend_TimeSync
  • 第70章 Zend_Tool
  • 第71章 Zend_Tool_Framework
  • 第72章 Zend_Tool_Project
  • 第73章 Zend_Translate
  • 第74章 Zend_Uri
  • 第75章 Zend_Validate
  • 第76章 Zend_Version
  • 第77章 Zend_View
  • 第78章 Zend_Wildfire
  • 第79章 Zend_XmlRpc
  • ZendX_Console_Process_Unix
  • ZendX_JQuery
  • Translation 70.6% Update 2010-11-28 - Revision 23415

    付録 E. Zend Framework MVC アプリケーションのために推奨されるプロジェクト構造

    E.1. 概要

    たくさんの開発者が、比較的柔軟な環境でZend Frameworkプロジェクトのための 最善のプロジェクト構造のガイダンスを望みます。 「柔軟な」環境とは、 それらのアプリケーションを実行し、かつ安全にするための 最も理想的なプロジェクト構造を達成するために、 必要に応じてそれらのファイルシステムとウェブサーバ構成を開発者が操作できる 環境です。 デフォルトのプロジェクト構造では、 それらの配置で開発者がそのような柔軟性を持つと仮定します。

    以下のディレクトリ構造は、 複雑なプロジェクトのために最大限に拡張可能に設計されています。 その一方で、プロジェクトのためのフォルダとファイルの単純なサブセットを より単純な必要条件で提示します。 この構造も、モジュラー及び非モジュラー両方のZend Frameworkアプリケーションのために、 変更なしで動作します。 .htaccessファイルは、 この付録に含まれるリライト構成ガイド で定めるウェブサーバでも、URLリライト機能を必要とします。

    このプロジェクト構造で、可能性があるすべてのZend Frameworkプロジェクト条件を サポートすることは意図していません。 Zend_Toolによって使われるデフォルトのプロジェクト・プロフィールは、 このプロジェクト構造を反映します。 しかし、この構造でサポートされない必要条件を持つアプリケーションでは、 カスタム・プロジェクト・プロフィールを使わなければなりません。

    digg delicious meneame google twitter technorati facebook

    Comments

    Loading...