Zend Framework の紹介

 Learning Zend Framework

appendix

 Zend Framework リファレンス


  • 第36章 Zend_Gdata
  • 第37章 Zend_Http
  • 第38章 Zend_InfoCard
  • 第39章 Zend_Json
  • 第40章 Zend_Layout
  • 第41章 Zend_Ldap
  • 第42章 Zend_Loader
  • 第43章 Zend_Locale
  • 第44章 Zend_Log
  • 第45章 Zend_Mail
  • 第46章 Zend_Markup
  • 第47章 Zend_Measure
  • 第48章 Zend_Memory
  • 第49章 Zend_Mime
  • 第50章 Zend_Navigation
  • 第51章 Zend_Oauth
  • 第52章 Zend_OpenId
  • 第53章 Zend_Paginator
  • 第54章 Zend_Pdf
  • 第55章 Zend_ProgressBar
  • 第56章 Zend_Queue
  • 第57章 Zend_Reflection
  • 第58章 Zend_Registry
  • 第59章 Zend_Rest

  • 第60章 Zend_Search_Lucene
  • 第61章 Zend_Serializer
  • 第62章 Zend_Server
  • 第63章 Zend_Service
  • 第64章 Zend_Session
  • 第65章 Zend_Soap
  • 第66章 Zend_Tag
  • 第67章 Zend_Test
  • 第68章 Zend_Text
  • 第69章 Zend_TimeSync
  • 第70章 Zend_Tool
  • 第71章 Zend_Tool_Framework
  • 第72章 Zend_Tool_Project
  • 第73章 Zend_Translate
  • 第74章 Zend_Uri
  • 第75章 Zend_Validate
  • 第76章 Zend_Version
  • 第77章 Zend_View
  • 第78章 Zend_Wildfire
  • 第79章 Zend_XmlRpc
  • ZendX_Console_Process_Unix
  • ZendX_JQuery
  • Translation 70.6% Update 2010-11-28 - Revision 23415

    第2章 インストール

    Zend Framework の要件についての詳細な情報はシステム要件 を参照ください。

    Zend Framework のインストールは非常に簡単です。 フレームワークをダウンロードして展開したら、その中の /library フォルダをインクルードパスの先頭に追加するだけです。 library フォルダを別の場所 (おそらく共有ライブラリの場所) に移動してもよいでしょう。

    • 最新の安定版をダウンロードする。 このバージョンは .zip.tar.gz の二種類の形式で公開されており、Zend Framework をはじめて使う人におすすめです。

    • 最新のスナップショットをダウンロードする。 最先端の機能を試してみたいという勇気ある人たちのために、 Zend Framework の最新の開発版のスナップショットを毎日更新しています。 スナップショットには、英語ドキュメントのみが含まれているものと 全言語のドキュメントが含まれているものの二種類があります。 最新の Zend Framework の開発版を試してみたい方は、Subversion (SVN) クライアントの使用をご検討ください。

    • Subversion (SVN) クライアントを使用する。 Zend Framework はオープンソースソフトウェアであり、開発に使用している Subversion リポジトリは一般に公開されています。既にアプリケーションの開発で SVN を使用している、 Zend Framework に対して何らかのフィードバックを行いたい、 あるいはフレームワークのバージョンを常に最新に保っておきたい などといった場合は、SVN で最新の Zend Framework を取得してください。

      エクスポート 機能を使用すると、フレームワークの特定のリビジョンを .svn ディレクトリなしで取得できるので便利です。

      チェックアウト は、Zend Framework に対して何らかの貢献をしたい方にとって便利な方法です。 この方法で取得したファイルは、 svn update コマンドで常に最新版に更新できます。 また、変更内容を SVN リポジトリにコミットするには svn commit コマンドを使用します。

      すでに SVN を使用して自身のアプリケーションを管理している開発者にとっては、 外部定義 が非常に便利です。

      Zend Framework の SVN リポジトリの最先端の URLhttp://framework.zend.com/svn/framework/standard/trunk です。

    Zend Framework を取得したら、 あなたのアプリケーションからフレームワークのクラス群にアクセスできるようにしましょう。これには いくつかの方法があります が、PHPinclude_path に Zend Framework ライブラリへのパスを含める必要があります。

    Zend が提供する クイックスタート を見れば、手っ取り早く実行してみることができます。 これは、実際に動作するサンプルを用いてフレームワークについて学ぶためのドキュメントです。

    Zend Framework の各コンポーネントは疎結合なので、 必要に応じて特定のコンポーネントのみを自作のアプリケーションで使用することもできます。 これ以降の章では、Zend Framework の包括的な使用法をコンポーネント単位で説明します。

    digg delicious meneame google twitter technorati facebook

    Comments

    Loading...